看護師の女性をセフレにしたときの思い出語り

看護師の女性をセフレにしたときの思い出語り

東京都品川区 33歳 会社員 男性

看護師の女性をセフレにしたときの思い出語り

仕事の業種や勤務先によっては、なかなか異性と知り合ったりする機会が限りなく少なくて、恋をしたくても相手と出会うことが出来ない男女にとって、出会い系サイトはとても有効なツールになっています。

 

出会い系サイトでは、年齢や住んでいるエリアだけでなく身長や体型などから趣味や仕事業種などから絞り込めて相手を探すことが出来ます。

 

働いている人や休みがない人でも、空いている時間に手軽に相手を探せることだったり、気になる相手にはわざと足跡を残して、気になっている事を意思表示することも可能です。

 

出会い系サイトには既婚者も多数登録をしているため、誰にも知られずにこっそりとメールのやり取りをしたり、秘密の恋探しに遣っている人も多く、男性なら憧れるセフレ探しも可能です。

 

看護師をセフレに選んだら

女性の場合、利用者として多い職種はやはり医療関係に従事じている人で、休みも不定期で夜勤もあることから、圧倒的に女性が多い職場であり、本当に異性との出会いが少ない状況です。

 

あわせて人の命を扱っているという緊張感や多忙な仕事環境なので、ストレスを溜め込んでいる女性も多く、出会い系サイトでは独身者や既婚女性ともに医療関係の登録者が目立っています。

 

男性にとっては、ストレスがたまり、異性と仲良くなることが少ないような看護師などは、秘密の恋の相手や、セフレなどにはぴったりです。

 

既婚女性の看護師も、夜勤などでご主人とのエッチも少なくなりがちなので、欲求不満のはけ口としてのセフレには関心が高いのかもしれません。

 

そのため、看護師をセフレに選ぶと、相当濃厚なエッチを楽しめるでしょう。

 

白衣の天使というより癒やされたいお姫様だった

看護師は男性にも人気が高く、白衣の天使というぐらいに男性にはちょっと眩しい感じがしています。

 

しかし、なかなか医療機関などでは知り合ったり、仲良くなることが出来ないような、高嶺の花的な存在です。

 

そのため出会い系サイトでも、医療機関で働いている女性には、多くの男性が積極的なアプローチをひっきりなしにしています。

 

私も一年ぐらい前に看護師の既婚女性と知り合って仲良くなりましたが、彼女は見た目以上に仕事がとてもハードで、勤務時間や休日なども不定期でした。

 

実際にデートの日などもお互いのスケジュールの調整をするのが大変で、夜勤明けに何度かデートをした経験があります。

 

彼女は子育てが落ち着くと、学校に行って正看護師の資格を取得したほどの頑張り屋です。

 

その後に総合病院で5年ぐらい働いていて、ご主人とは不仲で、将来は離婚しても生活をしていけるようにしっかりと自分の人生設計を持っていました。

 

医療施設で見かけたり、接したりする看護師は普段はとても穏やかで優しい雰囲気があり、デートでも優しく男性を癒やしてくれる存在だと思っていました。

 

しかし、仕事場を離れた彼女は逆に、癒やされたいお姫様的な感じでした。

 

仕事に疲れ過ぎて奉仕してくれるほどではなかった

私がつき合っていた彼女は、家に帰っても試験対策などの勉強することもあるらしく、ちょっと気難しい患者や同僚との人間関係にも悩まされていていました。

 

夜勤なども常に時間に追われるぐらいの多忙さであり、連続出勤も多く、まとまった休みなどもなかなか簡単には取れずに疲れ切っていました。

 

普段の業務も緊張の連續で、ストレスが溜まっているため、逆に彼女とのエッチはとても濃厚な時間になり、心と身体の解放をとても楽しみにしている感じでした。

 

仕事がハードな女性ほど、エッチのときは燃え上がって乱れまくる傾向はあり、セフレとしての相手にはぴったりでした。

 

ご主人とはいつもすれ違いの日々を送っていますので、当然ですがセックスレスの夫婦である確率は高そうで、その分だけ久しぶりのエッチでは激しくなるのはわかるような気がします。

 

しかしベッド以外では、男性を癒やしてくれたり奉仕してくれる余裕がなさそうで、ゆっくりと食事を楽しんだりメールのやり取りを楽しむ時間はありませんでした。

 

手コキとフェラはやたらうまかった

そんな彼女でしたが、身体の相性やエッチへの好奇心はとても高く、ベッドで一緒に過ごす時間はとても濃厚で素晴らしいものでした。

 

普段、性欲を抑えている分だけエッチのときは積極的で、彼女から求めてくることも多く、特に手コキとフェラはやたらうまかったです。

 

エッチが終わってもずっと手コキをしてくれたり、彼女が欲しくなると長時間丁寧にフェラをしてくれたりして、本能のままに振る舞う彼女とのベッドでの時間は、たまらなく素敵なものでした。

 

白衣を着て普段優しく患者に接している彼女が、ベッドの中では激しく渡しを求めてくるギャップはとても刺激的で、いつもデートでは何時間も貪るように愛し合っていました。

 

肌の異常や陰部の肌荒れにも敏感に教えてくれた

看護師の女性をセフレにしたときの思い出語り

彼女はさすが大きな総合病院で正看護師として働いているだけあって、医療についての知識は専門的で、私の肌の異常や陰部の肌荒れにも気づき、どんな薬を使用すると良くなるのかを丁寧に教えてくれました。

 

その時の彼女の表情はまさに正看護師そのもので、テキパキとした返答や的確なアドバイスにはとても驚かされました。

 

性病はなかったが肌ケアに真剣になってくれた

やはり女性なのか、肌のケアにはとても気を遣っているらしく、私の肌の異常が性病ではないとアドバイスくれたり、肌荒れをケアする食べ物の話もしてくれました。

 

当然、自分の肌にも気を使っているため、彼女の肌は年齢よりも若々しくみずみずしい感じでした。

 

また、普段から健康やスタイル維持には励んでいるせいか、大人の女性としてかなり魅力的な身体でした。

 

やはり看護師の仕事は常に患者と接する仕事なので、看護師は自分の健康状態や肌の状態のケアも行っていて、体型も維持している女性が多いのかもしれません。

 

一番気持ちの良い手コキをしてくれた

彼女とベッドでゆっくりしている時は常に私の男性自身を触っていて、男性自身に触れていると安心できると笑っていました。

 

そして彼女はいつも、私が一番気持ちの良い手コキをしてくれてました。

 

合うたびに触り方が優しくて上手くなっていく感じで、最初はゆっくりと丁寧に触ってくれて、勃起すると今度は手コキをして、そのうちフェラとなって挿入を繰り返します。

 

そのため、彼女とのエッチは休みなしでずっと続いている感じで、そんな彼女とのダラダラとして時間は私には夢の世界でした。

 

気がつくと5時間ぐらいが経過していて驚いたこともありますし、たまに一緒にウトウトと昼寝している時もずっと触ってくれていました。

 

性感マッサージでメスイキさせられたのが一番の思い出

看護師は、イメージや見た目こそ白衣の天使ですが、実際にはストレスや欲求不満が溜まっていてスケベな女性が意外に多いようです。

 

仕事がら、身体の仕組みやさまざまな薬などにも精通しているため、普通の女性が知らない秘密のテクニックなども知っています。

 

以前に出会い系サイトで知り合っておつき合いしていた看護師は、男性の性感マッサージに詳しい女性でした

 

さすが看護師って感じです。どこの部分を刺激すると快楽が得られるというような知識を医学的に知っているので、そのテクニックは的確で与えられる快感には大きなものがあります。

 

彼女がちょっと怪しく、「すごいことをしてあげる」と言った時はかなり不安でしたが、性感マッサージをされ、しばらくしてすごい快感が全身に伝わって思わずメスイキしてしまいました。

 

こんな快感は生まれて初めてで、本当に病みつきになりそうでしたが、癖になりそうで怖かったので、それ以降は思わず拒否をしてしまうほどに強烈でした。

 

今はその看護師の彼女とは分かれてしまいましたが、彼女との一番の思い出はあの時のメスイキです。

 

もちろん人によりますが、看護師とのエッチは濃厚な場合が多く、セフレに看護師を選びたいと考えている男性は多いようです。

 

清純そうな白衣の天使の優しいイメージと、ベッドで乱れ狂う好奇心の強い女性とのギャップは男性にはたまらなく魅力的です。

 

【華の会メール】


今日だけ会いたい時にも使える
↓↓↓↓↓↓

 

ページの先頭へ戻る