サイトで出会った人とセフレになるまでに起きたこと教えてやんよ

サイトで出会った人とセフレになるまでに起きたこと教えてやんよ

東京都新宿区 31歳 会社員 男性 T.T

サイトで出会った人とセフレになるまでに起きたこと教えてやんよ

サイトで出会う女性を、最終的にセフレに仕立て上げるって、男としては理想のカタチですよね。それって、経験の無い人にとっては、とても難しいことと思いませんか?

 

しかし、方法と流れを知ってしまうと、意外とあっさりセフレ化することができます。

 

女性をセフレにする、その鉄板の流れを教えます。

 

セフレをゲットするまでの過程

セフレになってくれる女性って、どんなことを考えたり、望んでいるか、想像したことがありますか?

 

単純に寂しいとしても、例えば「ココロを求めている」場合には、男にとっては面倒ですよね。

 

だって、セフレというのはカラダ目的、それはセフレを求めるうえで大前提なので。

 

どんなにいいオンナであったとしても、セフレにしてしまうと、ココロを求められてしまっては、セフレとして成立しません。

 

まずは、セフレを作ろうなんて気持ちで女性に近づいて、それをOKしてくれる人も、そうそうはいないでしょう。

 

過程として言うと、ココロがあるフリして近づいて、徐々にカラダの相性を探りながら、カラダだけの関係にフェードアウトしていく、という流れです。

 

まずは数打ちゃ当たる戦法でメッセを送る

出会い系の攻略って、最終的にセックスに持ち込めるかどうかです。

 

真剣な出会いを求める男女もいますが、男によっては「ヤレることがゴール」ですよね。

 

そう考えると、まずは「コンタクトを取れること」が最重要です。

 

最初は、たくさんの女性にメールを送って、直接連絡が取れる相手を探しました。

 

出会い系に登録している女性もいろいろです。

 

サクラもいるので注意が必要ですが、2通目までサイト内でポイントを消費しながらメールして、3通目あたりから直接連絡取れないかを聞きました。

 

中には、「最初会うまではサイトで」という女性も多いので、会える段取りが付くとしたら、一度会って(セックスして)から、直接の連絡を取り付けました。

 

援助目的の女性となると、セフレにするのは難しいので、あくまでも「旦那(彼氏)が相手してくれない」という女性をターゲットにしました。

 

反応の良い女の子に絞ってメッセに力を入れる

書き込みに対して、初めてメールを送るとき、よく考えて文章を作りました。いきなり会いたいなんて、援助目的の女性以外は応じてくれません。

 

欲求不満で出会い系に登録していても、女性は股をひらく相手は慎重に選び、はじめは男性をとても警戒しています。

 

最初は「気が合う」という内容で、相手の反応を待ってから、次のメールに進みました。

 

3通目、「もっと話したいから」とメールをして、直接連絡を取ることができると、そのうち7割くらいは会ってもらえました。

 

最初は10人相手でも、そこから発展した半分くらいに的を絞って、積極的にメールを続けて、3人くらい会えましたね。

 

相手の女性も、会える男性を探している、でも踏ん切りがつかないだけなので、少し強引に会う流れを作りました。

 

20代よりは、少し自信のない30代の女性のほうが、食いつきは良いです。

 

最初の顔合わせはカフェで30分位だけ

最初の顔合わせは、カフェなど人気のあるところで、30分程度で様子を見ました

 

だいたい、30分もあれば自分への印象も分かりますし、「その日にセックスしたい」というのは、会ってみると見抜けてしまいます。

 

挨拶や趣味なんかを話して、サイトの登録目的を深く質問すると、本当にセックスが目的なのかが見えてきます。

 

分かった時点でカフェでの顔合わせは終わり、外に連れ出してドライブしたり、お互いの時間を増やしていきました。

 

中には、車の中でキスをできる相手もいましたし、ここまでくると「その日にセックス」が可能です。

 

セフレになる女性は、大半が初日にキスを許してくれます。見分けるポイントはここです。

 

警戒心を解いてからホテルへ連れ込む

サイトで出会った人とセフレになるまでに起きたこと教えてやんよ

警戒心って、ドライブの間に薄れていきます。知らない男性の車に乗ることになるので、それを許す時点である程度は警戒心が解けてきています。

 

女性だって、「もしかしたらこの後ホテルかも」と思っていることもあります。

 

「このままホテルでもいい?」と、ストレートに聞いて成功したのは60%でした。セックス目的相手なら、こういう方法もアリです。

 

ホテルに行ってからは、じっくりでもドアを入っていきなりディープキスでもOKです。

 

まあ、だいたいがガマンできなかったので、手マンなんてドアを入った瞬間から初めていました。

 

そこで、女性の反応を見て、どんなプレイを望んでいるかも分かりました。

 

最初の行きずりセックスより信頼が得られるセックスをしよう

セックスも最初が肝心です。言い換えると、最初のセックスが成功してしまうと、セフレに持ち込める可能性は非常に高くなります

 

相手によっては、こちらから願い下げという女性もいました。

 

それ以外で、繋いでおきたい女性に対しては、初回は相手を先にイカせるようにして、最低でも2回はイカせるようにすると、女性は落ちます。

 

今、この方法でセフレになっている女性が3人います。セフレになってしまったら、徐々に時間をかけるとどんなプレイでも出来るようになります。

 

警戒心が解けていればホテルにも自宅にも連れ込める

警戒心がなくなってしまったら、ホテルだけでなく自宅にも連れ込めるようになりました

 

自宅に来る以上は、彼女とカン違いされないように注意も必要ですが、呼び出せるようにもなるので、本当に便利です。

 

オモチャも自宅に忍ばしてしまったらOKなので、持っていかなくて済みます。また、自分にとっては自宅がホーム戦なので、気兼ねなくセックスできてしまう事もポイントです。

 

緊張している女性を責めるのも快感で、自宅に来るようになったら、長い期間セフレとして付き合えるでしょう。

 

病気も確認しておこう

セフレを作りたいときは、相手の女性の病気は確認しました。とは言っても、直接聞くわけにもいかないので、初めてのセックスでは、念入りに調べるのも大切です(笑)。

 

クンニが好きなので、そこで入念に調べるわけです。臭いや味で分かることもあるので、クンニも大切です。

 

たとえば長いことご無沙汰という女性は、おりものが多かったりもしますが、かき回して手マンすればキレイになっていきます。

 

病気を持っている女性では、自分にもらってしまったとき、他の女性とセックスできないだけでなく、痛みを伴う場合は最悪です。

 

ゴムを付けたら良いというわけでもないし、どうせなら生でやりたいですよね。

 

最初のセックスで、相手の女性の病気を見分ける努力は、決して欠かしません。

 

セフレにするなら彼氏持ちが理想

セフレにする女性、人妻か彼氏持ちが理想です。ココロはそっちで満たしてもらって、カラダだけ頂けるからです。

 

実際、やるだけのために会う女性って、本当に気楽です。パートナーがいる女性って、面倒かなと思っていましたが、セフレになってしまったら、これほど理想的な相手はいません。

 

避妊はちゃんとしています。でも、満たせない欲求があるので、それを徐々に明かしていって、変態プレイをするときはセフレに、と思って楽しんでいます。

 

後腐れがないので、セフレに対しての責任というのは、お互いの自己責任でしかないので、彼女として付き合うより、かなり楽です

 

彼氏もいない女性のほうがいいと思うかもしれませんが、自分が本気になれないのに、相手が本気になってしまうと、なにかと面倒です。

 

出会い系に登録している女性、ちゃんと探していくと、セフレにしてしまえる女性は必ずいます。

 

数多くコンタクトを取り、上手くふるいにかけると残った中からセフレの原石が見つかるので、見つけたら徹底的に攻めましょう。

 

多少ブスのほうが、セックスのときに萌えたりします。出会い系でセフレを作ること、まだまだチャンスは残っているのでチャレンジしてみましょう。

 

【ラブカフェ】


真剣にセフレ探すサイト
↓↓↓↓↓↓

 

ページの先頭へ戻る