方言のクセが強い美少女セフレとのセックスの虜になった

方言のクセが強い美少女セフレとのセックスの虜になった

東京都新宿区 35歳 会社員 男性 A.Y

方言のクセが強い美少女セフレとのセックスの虜になった

方言って、地元がない人にとっては、めちゃくちゃ魅力的です。私も方言に魅せられたひとり、セフレの方言にやられてしまいました。

 

なんと言っても喘ぎ声が可愛くて、キュンキュンしちゃいます。方言の強い女性をセフレにした話し、その方法と一緒に教えちゃいます。

 

方言のきつい美少女とセフレになれた

方言がきつい女性って、都心に住んでいると、妙に目立ちます。そして、一度その素朴さにハマると、抜け出せなくなっています。

 

田舎出身なので、都会に憧れている分、警戒しているのは昔と変わりません。それだけに、近付くのは慎重に、友達以上になれたらめちゃくちゃ親切にしてあげています。

 

女性も、東京の男性と見ているので、変な勘違いをされると怪しまれてしまいます。

 

どんなに標準語で話していても、端々に出るのが方言のアクセント、これを直すのは大変なようですね。

 

それを見つけたときに出身を聞いて、架空の親戚話を持ちかけて、一気に仲良くなります。

 

私には分かりませんが、「同郷」というのは、妙に人間を信用させる武器になります。

 

田舎から来た女性は、なかなか彼氏がいないという子も多いので、飲みに誘ってしまったらもう期待大です。

 

下ネタから話を進めて、「田舎と都会ではセックスが違うの?」なんて質問して、セフレまでに持ち込んでいます。

 

東北の方言はわからないけどセックスは同じ

特にわからない方言が東北地方、でも悶えて喘いでいるのはどこも同じ、言葉が違ってもセックスは変わりません。

 

何を言ってるのかわからないけど、イク瞬間に「いぐーっ」と濁る瞬間なんか萌えちゃいます

 

舐めていい?とか、フェラして?なんて聞くと、「いいよ(語尾が上がる)」と答えてくれて、たどたどしいのがたまりません。

 

方言が出る瞬間が、気を許した瞬間なので、そこを狙って攻めていきます。

 

田舎の女性も、それなりに経験がある子はいるので、結局はアナルまでイケる子もいます。

 

こういう子は、「都会はアナルなんて当たり前」と思っていたりします。

 

セフレのひとりは、毎回アナルフィニッシュという子もいるので、危険日でもある意味毎回中出ししています。

 

田舎は、男性を立てるものと思っているところもあるので、妙に気立てのいい女の子がいるので、都会の女性とはまた違います。

 

そこを狙うことで、めっちゃエロくてステキなセフレが誕生します(笑)。

 

田舎の子っぽさがまたそそる

田舎の子って、妙にエロさを醸し出してくれます。普段があまりにも普通な佇まいなので、ギャップ萌えというものを感じさせてくれて、それがとても魅力です。

 

「乱れる」って、普段との差が重要ですよね。見た目からも「こんな子が?」と思えるほど乱れるので、解放された田舎っ子は、都会のギャルよりエロいことばかりです。

 

普段押さえつけられている分だけ、その反動が強いためか、一度「たが」を外してあげると、恥ずかしいなんて気持ちが吹っ飛ぶようです。

 

そのツボを押さえられると、それから先はエロいプレイばかりになっていきます。

 

私のセフレに東北の女の子がいるのですが、3回目のセックスであけすけになり、オナニーも披露してくれました

 

もともと東北美人と言われるので、肌も白くてもちもち、めっちゃ抱き甲斐があります。

 

アナルは未経験でしたが、求めてみるとすんなり感じられるカラダだったので、きっかけ待ちといったところです。

 

田舎っ子のアナルは、背徳感もすごいので、犯してる感じがそそります。

 

カラダの相性は抜群で土日はヤリまくる

田舎の子ですが、東京で巡り合った相性のいいセフレといった感じで、カラダの具合がめっちゃいいです。

 

平日はお互いに仕事、どちらも付き合っている特定のパートナーもいないので、土日はセックス三昧ということがほとんどです。

 

回数を重ねるごとに、オモチャも増えてきて、変態セックス間近といった感じに仕上がっています。

 

田舎ではオモチャに興味はあっても、買う場所がなかったそうなので、新しいオモチャを持っていっても、別に驚く様子はありません。

 

むしろ、自分から「どう使うの?」なんて言うほど、エロだけは立派に成長しました。

 

ともにお風呂でセックスするのが一番快感

方言のクセが強い美少女セフレとのセックスの虜になった

東北美人なので、寒い地域の人間なので、お風呂が大好きなセフレです。

 

私も長風呂が好きで、ホテルに入ってから出るまで、ほとんどエロいことをしています。

 

潮を吹くほど濡れるので、お風呂のほうが、都合が良いという面もありますが。

 

体温が上昇すると、血行が良くなり感度が上がるので、いくら濡れてもいいお風呂では、加減などせずに楽しんでいます。

 

お風呂狙いは、いろいろなホテルも楽しめるので、同じホテルに行くということはなくて、それも新鮮で毎回飽きません。

 

濡れることにまた興奮してしまう私なので、満足過ぎるセックスに病みつきになっています。

 

露天風呂付き個室でのセックスが多い

野外プレイに興味もあったセフレなので、露天風呂付きならいいかもと思い、誘ってみました。

 

誰にも見られない場所ならと、最初は戸惑っていたとはいえ、もともと濡れるカラダが落ちるのは早かったです。

 

ホテルの露天風呂って、声が出てもいいように、高い位置にあることが多いです。

 

そのため、声も開放的でめちゃくちゃ濡れるし、開放感から、バックで思いっきり突きまくりです。

 

露天風呂って、プライベート空間なので、外ということが気にならなくなると、開放感が快感を増してくれます

 

オモチャも持ち込んで、アナルまでバイブを突っ込んで、両穴攻めなんて当たり前です。

 

ただ、気をつけないと、女性のアソコにお湯が入ってしまい、女性はあまり感じないこともあります。

 

自宅のお風呂は狭いけど時間を気にせずできる

もちろん、自宅のお風呂でプレイに励むこともあります。ホテルよりは当然狭いのですが、時間が気にならない分、ふやけるまでセックスしています。

 

ローションを使うことも気兼ねないので、自宅のお風呂では、ほとんどローションプレイばかりです

 

一気にイクよりは、何度も抜き差しして、フェラを挟みながら、スローセックスになっています。

 

最初にパイパンにしたときはホテルのお風呂でしたが、少し処理するくらいであれば、自宅のお風呂でも大丈夫です。

 

専用のカミソリなんかも置いているので、ひとりで入っているときは不思議な感じです。

 

長いときは1時間半もお風呂にいたので、お互いにいろいろなところを舐めあいました。

 

お風呂では、男性がアナルを舐めてもらうのも抵抗がありません。

 

汗をかいても流れてしまうので、キレイなセックスが楽しめます。

 

アナルセックスしてアソコが汚れてもそのまま流せるので、それもメリットです。

 

ラブホのお風呂でのセックスをするとめちゃくちゃになる

気兼ねがないといえば、やっぱりホテルのお風呂ですね。

 

最初のパイパンもそうですが、ローションも後片付けしなくていいぶん、セックスに集中出来てしまいます。

 

家のお風呂ではどうしても後片付けが気になってしあみ、少し手加減してしまいます。

 

放尿プレイも見ることができるので、本気で楽しみたいならホテルのお風呂ですね。

 

途中で一度、お風呂掃除を頼みたいほど汚してしまうこともあるので、自宅より乱れてしまいます。

 

浴槽周りの手すりに四つん這いにして、後ろからバックで突きまくるのは快感です。

 

田舎にはキレイなホテルもなかったそうなので、セフレは都会のホテルを楽しんでいます。

 

育てかた次第ですが、田舎っ子のセフレは、なにかと未来を期待できるのでオススメです。

 

【恋メール】


恋愛ゲームをドキドキ楽しむ
↓↓↓↓↓↓

 

ページの先頭へ戻る