お酒が飲めるセフレのような親友ができて人生バラ色に

お酒が飲めるセフレのような親友ができて人生バラ色に

東京都品川区 33歳 会社員 男性

お酒が飲めるセフレのような親友ができて人生バラ色に

セフレって、男性なら誰でもチャンスがあれば持ちたいと心の中で強い願望がありますが、誰でも簡単に作れるという簡単なものではないです。

 

女性の中では身体だけの関係について、嫌悪感に悩む方も多いようで、愛人のような金銭目的以外で自分からセフレになりたいと思っている女性はかなり少ないものです。

 

女性はとてもプライドが高いので、会ってセックスをするだけの関係だけでは相当な嫌悪感があり、遊ばれているとか都合よく利用されているだけだと感じてしまいます。

 

しかし、セックスするだけでなく例えば趣味の音楽を一緒に楽しんだり、古い歴史探索を一緒にするなど、身体の関係以外に加えると、女性はしっかりとした理由付けによってセフレの関係になる事が可能になります。

 

同様に大人の既婚女性の中には酒好きの女性も多くいて、機会があると男性と一緒に楽しくお酒を飲む機会を持ちたいと考えている既婚女性も多いです。

 

一緒にお酒を飲むという楽しみをメインに、その後にセックスを楽しむという関係であれば、既婚女性も望んでセフレになりたいと思ってしまうようです。

 

酒好きの女友達がセックス好きで人生勝ち組に

私が利用している出会い系サイトでは、一緒にお酒を飲める男性を探している女性はかなり多く、特にさまざまなストレスを抱え込んでいる既婚女性の中には、毎日、自宅で晩酌をしたり、お酒でほろ酔い気分になるのが好きだという女性がかなり登録しています。

 

そんな女性は、密かに心の中ではこんな風に思っています。

「安心できて、信頼関係が築けるような男性と知り合って、仲良くなって一緒にお酒を飲みに行き、その場で話が弾んで、フィーリングが合って…そして、恋愛関係に発展したら、こっそりと一緒にホテルへ行って、セックスまでを楽しんでみたい!」

 

一緒に飲むときは必ずセックスをする時

毎回、会って一緒にお酒を飲み、その後に必ずセックスをするようになると、誰でもお酒を飲むこととセックスをすることが当然のように習慣づいてくるものです。

 

また、お酒を飲んだ後は必ずホテルへ行って男性とセックスをしたくなってくるでしょう。

 

こうなると男性にとってはしめたもので、毎回頑張って口説かなくても女性の方から誘ってきてくれるので、完全に女性を自分のセフレにしてしまうことも可能です。

 

女性はプライドが高いので、会って身体だけを求めてしまうと、遊ばれていたり、セックスの対象とされていたりすると、強い嫌悪感を持つようになります。

 

そのため、まずは楽しく一緒にお酒を飲むことが目的で、その先にある甘美な時間はあくまで補助的なものに思わせる必要があります。

 

そうしないと傷ついてしまうので、気をつける必要があるでしょう。

 

当然ながら、女性も信頼できる男性とセックスをすることは楽しみにしていますが、それは口にだすことはほとんど無く、表面的にはお酒を飲むことが楽しみだと言います。

 

セックス中もお酒を飲むので理性崩壊セックスが当たり前

男女ともお酒を飲んでよってくると、開放的になってくるので、心の中にある性欲が湧き出てきます。

 

なので酔っ払った状態でセックスをすると、恥じらいやプライドを捨てて本能的な時間を楽しむことができるので、お酒の力はすごいです。

 

特に出会い系サイトに登録しています既婚女性の場合は、ご主人との不仲が原因での孤独感やセックスレスでの欲求不満などで男性とのセックスを楽しみにしているケースが多いです。

 

お酒を飲むと一気に隠れていた性欲が溢れ出してくるので、夢中にセックスが楽しめたりも出来ますし、普段以上に大胆に慣れてますます官能的で刺激的な快感を手にすることが出来ます。

 

朝明を飲んだ後に二人でホテルへ行った場合は、ほとんどそのあとも飲み続けながらのセックスとなるので、こころも身体も開放された気分にしてくれます。

 

経験豊富な既婚女性は、このようなこころと身体を開放してくれて強い快感を感じさせてくれるセックスに憧れている女性もまだまだ多そうです。

 

生中前提なのでセフレはいつもピル服用

お酒を飲んで酔っ払いますと、ついその後のセックス時にコンドームを使用することを忘れてしまったり、面倒くさくなってしまうので、セフレのような関係になれば女性にお願いしてピルを服用してもらうのが当たり前となっています。

 

特に相手が既婚女性ならばなおさらで、セフレの関係はお互いに快感を求めることが大切なので、生中出しで楽しめるようにお互いに工夫することも大切です。

 

個室居酒屋でのフェラ抜きチャレンジも

お酒が飲めるセフレのような親友ができて人生バラ色に

セフレが出来ると、普段できないようなセックスを楽しみたいと多くの人は考えるようなります。

 

それがまた刺激となってさらにドキドキ出来たりしてより親密になれるきっかけが作れるようになります。

 

バレずにフェラするドキドキ感も楽しんだ

それは時には普段では考えられないような場所であったり、衝動的な行為などで、例えば一緒にお酒を飲みに行った時には個室居酒屋になった場合には、我慢できずに衝動的にセックスがしてみたくなります

 

さすがに店員が入ってきた時には、裸でいりと怒られそうなので、服を着たままで彼女にこっそりと見つからないように、フェラ抜きぐらいなら店員さんも大目に見てくれそうです。

 

いくら個室と言っても扉や襖を隔てて隣には他の人達がいるので、見つからないようにこっそりと彼女にフェラをしてもらうのはスリルがあるので、それが刺激になって興奮すること間違いなしです。

 

試しに先日、私のセフレと個室居酒屋でチャレンジしてみましたが、意外に簡単に出来てやはりそのドキドキ感は病みつきになりそうで、その後の彼女とのセックスは燃え上がりました。

 

今度は、カラオケボックスでもチャレンジしてみるつもりです。

 

「お酒飲もう?」がセックスしようと同義

男性にとって一度にお酒が飲めてその後にセフレと濃厚なセックスが出来るのは、まさに夢のような出来事で、こんな経験が出来るなんて間違いなく人生の勝ち組だと思います。

 

特別に高いお金を払ってセフレを雇うことなく、出会い系サイトなどでお酒好きの既婚女性と仲良くなって、定期的にお酒を飲んでセックスをするだけでこんな素敵な時間が持てます。

 

一度女性とそんな関係になりますと、次のデートから「お酒飲もうよ」と誘うと彼女の方はその後のこともちゃんと連想してくれるので手っ取り早いです。

 

まさにお酒を飲みに誘う事がその後に激しく愛し合おうねという意味になり、女性もセフレというよりも飲み友達的な解釈をしてくれるので、継続して安定した関係が築けそうです。

 

仲間内にはただの飲み友達と認識されている

そんな秘密のセフレですが、仲間内には彼女は一応飲み友達として紹介しています。

 

まさか彼女がセフレとは思っていなさそうです。

 

特に既婚男性にとっては、セフレの存在はバレたら大変な事になりそうで、相手も既婚女性のときは、なおさら厄介です。

 

飲み友達なら、皆んなで楽しく飲んだ後も2人で飲みに行くことは自然なので、とても都合のよい理由づけにもなります。

 

気心の知れた友達のような関係で、それが女性でなおかつセフレなら確かに自分の人生はバラ色です。

 

まずは異性の飲み友達を見つけることが前提ですが、出会い系サイトだと結構募集をしている女性も多いので、思ったよりも簡単に見つける事が出来そうです。

 

くれぐれもまずは飲み友達から始めて、フィーリングが合えばセフレの関係になるという順番は女性には重要なポイントだということは忘れないで欲しいです。

 

【ご近所ステーション】


安全なパートナーで欲求発散
↓↓↓↓↓↓

 

ページの先頭へ戻る